カゴをみる 新規入会&会員マイページ ご利用方法 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
音楽ウォッチ AKTEOVirtuoso 管楽器 チャームSV925 シルバーアクセサリー 音楽ギフト

アルゲリッチ 私こそ、音楽!

《音楽との関係はいつも、葛藤の連続。それは、愛と同じ。》


マルタ・アルゲリッチといえば、日本でも絶大な人気のある世界的ピアニスト。

その三女の視点を通して、音楽や家族との係わり合いを描き出しているドュメンタリー映画が日本でも公開されます。当社プレリュードもタイアップすることになり、私たちも試写会を観てきました。

この映画は、自らの演奏を通じて音楽や友人達とかかわりあったことのある人なら、きっと感じるものが多いと思います。プロ・アマを問わず、
演奏家のみなさまに是非見ていただきたい、プレリュードおすすめの映画です。


アルゲリッチ 私こそ、音楽!

今世紀最高のピアニスト、マルタ・アルゲリッチ。
子供の頃から類稀な才能を発揮し、16歳で“生ける伝説”と呼ばれ、24歳の時ショパン国際ピアノコンクールで優勝。以降、クラシック界の「女神」として君臨し続ける。

アルゲリッチ 私こそ、音楽!
しかし、急な演奏会キャンセル、一切の取材拒否、父親違いの3人の娘…など、その私生活はスキャンダラスで謎に満ちている。彼女はいかにして“生ける伝説”となったのか。

アルゲリッチ 私こそ、音楽!
ピアニストとして、母として、誰も知らなかったアルゲリッチの葛藤とは。
実の娘がカメラを向け、天才を母に持つ3人の娘たちの視点から彼女の真の姿をあぶり出す。
一見特別に見える家族の姿はやがて普遍的な家族の問題と重なり、人々の共感を生むだろう―。
(上映時間96分)

アルゲリッチ 私こそ、音楽!

【監督】ステファニー・アルゲリッチ
【製作】ピエール・オリヴィエ・バルデ『パリ・オペラ座のすべて』『クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち』 
【出演】マルタ・アルゲリッチ、スティーヴン・コヴァセヴィッチ、ロバート・チェン、シャルル・デュトワ、ステファニー・アルゲリッチ 他

2012年/フランス・スイス/カラー/スコープ/5.1ch/96分/原題:BLOODY DAUGHTER 
字幕翻訳:斎藤敦子
字幕監修:伊熊よし子
配給:ショウゲート 

公式ページ argerich-movie.jp

公開劇場案内

(c) Idéale Audience & Intermezzo Films.
2014年9月27日(土) Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー!
Bunkamura ル・シネマでは、Preludeオリジナルのグランドピアノ・ブックマークをプレゼント(数量限定)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=4447&eid=64